業者依頼でオリジナルユニフォームを作ろう【まとめて作るのが基本】

tシャツのプリント方式

Tシャツ

方式による向き不向き

学生の体育祭や文化祭、社会人のサークルやイベントなどでオリジナルロングtシャツが必要になった時は、現在はネット上で受注することが多いと思われます。しかしその際値段や納期の項目は気にかけても、印刷やプリントの方式を気にかける人は少ないのではないでしょうか。ロングtシャツのデザインによって印刷方式にを変えるほうが、思い出として保管する時に影響が出るのです。印刷の方式は大きく分けて2種類あります。まずシルクプリント印刷。デザインに使用されている色の数の版を用意し1色ずつプリントを行い完成させる方式です。大手アパレルメーカーのtシャツはほとんどこちらの印刷方式を採用しており、1度版を作ってしまえば追加料金のみで量産できるため、大量にシンプルなデザインのロングtシャツが欲しい、という場合に向いています。使用できるインクの種類も豊富でシルクプリント印刷はどんなデザインにも対応しているのですが、使用する色が増えると版の数も増える為追加料金が必要な場合があります。凝ったデザインのロングtシャツが欲しい場合はインクジェット方式を選択することがお勧めです。こちらはノズルジェットで複数の色を吹きかけ作成するタイプです。インクの種類がさらに豊富なのでグラデーションも自然に再現することが出来ます。しかしどうしても1枚づつの作成となりますので、枚数よりも1枚のクオリティを重視したいという場合に向いているのです。